前へ
次へ

不動産売却を検討している方へお教えします

不動産売却を検討している方へ、知っておくと役立つ情報があります。それは、不動産売却にかかる日にちです

more

不動産売却を進める際の注意点とは

不動産物件として分譲マンションや一戸建てなどが全国各地に有りますが、これらの物件は購入した後に、長期

more

いくつかの条件で企業を比べてからの不動産売却

口コミで評判が良いという理由だけで不動産会社を選んでしまい、不動産売却が上手くいかなかった人も珍しく

more

不動産売却の際は囲い込みに注意しよう

不動産売却をするときは不動産会社とかかわることになります。一緒に買主を探すことでスムーズに売買を行いましょう。不動産会社はいわゆる仲介の役割を持っています。売主と買主の間でマンションなどの不動産売却を成立させます。なので不動産会社は仲介会社にもカテゴライズされます。仲介には両手取引と片手取引があります。買主と売主両方を仲介してもらうのが両手取引となります。不動産会社1社のみの取引となり、両方から仲介手数料を受け取ります。不動産売却の依頼を受けたマンションなどを不動産会社が新しいお客様に販売します。片手取引では2社の不動産会社と関わることになります。買主も売主も異なる不動産会社が仲介して取引を行います。この時、不動産会社は自分が仲介したお客様のみ仲介手数料を受領できます。不動産売却時に注意したいのが囲い込みです。不動産会社では買主・売主両方から仲介手数料を取るほうが利益を得られます。なので、両手取引を意図的に狙って、他会社からの問い合わせや商談を断るという行為が発生しています。これらの行為は許されるものではありません。悪質なこの行為は「囲い込み」と呼ばれています。不動産業界では現在でもこの囲い込みで不動産売却をする会社も存在します。囲い込みされると、通常より時間がかかってしまい相場より安い値段で不動産売却される可能性があります。買主を自分で見つけるのは難しいものです。そのため、囲い込みで利益を得ようとする不動産会社を選んではいけません。自分の大事な資産のためにも不動産会社は慎重に選びましょう。ただし、こちらが囲い込みの行為に気づけるかは簡単ではありません。不動産会社を選ぶ時に悪質な行為がないかどうか見極める必要があります。見極めるにはまずは複数の会社に査定の依頼を行いましょう。担当者と実際に会うことで、不動産会社の能力と対応の良し悪しを知ることもできます。専門的な見解も重要なポイントです。例えばマンションなら、マンション売買の実績が豊富な不動産会社が断然有利です。これまでの販売実績を見せてもらいましょう。

大切な資産である土地売買をサポートいたします
不動産のプロが丁寧に審査させていただきます

団地開発によるベッドタウン化で人口が増加
徐々に人気上昇中?
富谷市で余っている土地をお持ちなら不動産売却に強い永大ハウス工業へ

現在土地価値上昇中!
売るなら今かもしれません!
不動産売却は不動産専門業者へ

Page Top