前へ
次へ

新居決定時の不動産売却は要注意

不動産売却は業者に事前にチェックしてもらい、金額を提示してもらうこともあります。決定すると売却手続きなどを行いながら、引っ越しなどの準備へ進むことになります。転居届などを準備したところで、不動産売却を行った後の代金をもらうことになります。もし不動産売却を行う理由として、新居が決まったため決定したという人は注意すべきポイントがあります。不特定な金額になると新居のローンが負担となり、不動産売却がマイナスに働くことがあります。事前に不動産売却の業者に関して信頼できるかチェックしておき、確実な金額が出る業者を決めることが重要です。そもそも不動産を買い替えていこうとする時には、物価など不確定要素が多いです。住宅ローンの審査機関なども不特定となるので、調整について注意しなければなりません。買い替えて不動産売却を行うならば、既に購入した新居の販売会社から選択するのも選択肢の一つです。大きくマイナスになったり、最悪の事態は不動産売却ができないこともあります。

Page Top