葬式について

これから新しい新未来に向かって

葬式についてですが、1日でお別れがおわるわけでなく二、三日かかります。
身内の方は、悲しみから立ち直れないから長くお休みをいただけることは、助かります。
しかし、お通夜やお葬式告別式と様々な行事がありせいしんてきにもつかれます。
ですが、いいこともあります。
滅多に会わない親戚に久しぶりに会えることです。
久しぶりに会えるのに、それが悲しいお葬式というのは、すこし残念な気がします。
なので、お葬式をもっと変えていってはどうなのかなとかんがえます。
お坊さんのお経は、故人のそばだけでくよすればいいのでは、とかんがえます。
何日かにわたりお経をとなえますがそんなに長い時間みんなは聞いている意味があるのかなとおもいます。
ならばもっとべつなことがいいかもと思います。
供養をみんなで静かに座って見届けるという意味なのでしょうか。
昔からのことだからそのまま受け継がれているのだと、思いますに、日々様々なことが進化しているので期待しています。

Copyright© 葬式l Rights Reserved.